福島県いわき市かなり進学塾
塾長の話


★バックナンバー★ ご覧になりたい月を選んでください

2023年

1月 2月    


 
【2023年1月】

<塾長の話> その1

中3生の高校入試:


1月上旬、当地いわき市では私立高の入試があります。
冬休みが終わると、すぐですね。

それに備えて、塾の冬期講習ではその対策をします。


科目は数学・英語・国語の3つ。
これらは、5科目が必要な県立高校入試の主要科目でもあります。

ですから、県立の入試も見据えて、これら3科目の仕上げをしていきます。

・・・

教材は模擬テスト。
塾で使用している受験用教材にもとづくものです。

このセットで、受験用教材とその模擬テストというセットで、
私立高入試そして3月の県立高入試を乗り切る。

それが当塾の基本戦略です。

・・・

もっとも、私立高は受験しないという生徒さんもいます。

それらの皆さんは、理科・社会も含めた5科目の中から、ご自分が気になる科目、
力を入れたい科目を中心に、冬期講習では勉強を進めていきます。

***

さて、私立高入試が終わると、塾の雰囲気は一変します。
シーンとした静かな緊張感に包まれます。

「あとは県立高入試だけ。ここまで来たら、もうやるしかないよね」

そんな、諦めとか覚悟とかが入り混じった、静かな緊張感。

・・・

これがね、秋の頃はまったく違う。

「志望校は、このままでいいのかな?」
「この科目、伸びないんだけど。どうしよう」

「学力テストの成績が上がったり下がったり。どちらを信じればいいの?」
などなど。

不安と焦りでいっぱいなのです。
ご本人も親御さんも。

***

さあ、あと2か月足らず。
3月の頭に県立高校の入試はやって来ます。

その日に備えて、静かに淡々と準備を進めていきましょうね。


だいじょうぶ!
皆さんのやっていることは、間違いないから!

***
>> 塾長の動画はこちら
***


<塾長の話> その2

国公立大に推薦入試で:


22年>
都留文科大(桜が丘高)

20年>
福島大(光洋高)

19年>
高崎経済大(桜が丘高)

以上は当塾から国公立大に合格した皆さんです。
しかも推薦入試で!


もちろん、この他に一般入試で合格した方もいます。
そちらが多いし、そちらが主流。

でも、推薦入試でも受かるのです。

・・・

これらの方は公募推薦です。

国公立大の場合は、私立大と違い、総合型はまだハードルが高いです。
でも、公募推薦ならけっこういけます。


でねっ、注目すべきは磐高の人がいないこと。
ひとりもいない。

というのは、磐高の人たちは一般入試で合格しているからです。


なぜ?
実は、ここに推薦入試の秘密があります。

***

推薦入試は、評定が高くないと受かりません。
できれば4.3はほしい。

磐高でこの評定を取るのは、なかなか難しい。
2ケタ、それも上位の順位が必要。

他方、一般入試なら100番くらいでも福島大に合格できるでしょう。
なので、磐高の方は一般入試が多いのです。

・・・

他方、他の高校の皆さんは、先ほどの評定を取るのはそこまで難しくはない。

一般入試で福島大に合格するのと、評定4.3を取るのとを比べると、後者のほうがやさしい。

それで、公募推薦で合格する方が多いのです。

・・・

結論>

福島大などの国公立大に合格するには

磐高の方は一般入試で
他の高校の方は推薦入試で

これが合格しやすいルートでしょう。

***
>> 塾長の動画はこちら
***


<塾長の話> その3

塾長Q&Aの動画:


毎週お伝えしている「塾長Q&A」、おかげ様で好評です。

塾に来られたお母さんから、「楽しく(?)読んでます」とか。
「いろいろ、あるんですねぇ(笑)」とか。

嬉しい反応をいただいています。

・・・

ただね、あの分量の文章では伝えきれないものもあります。

背景だとか。
関連する事例だとか。

そのあたりもお伝えしたいな、と思っていました。


とはいえ、文章にすると長くなるし。
じゃあ、動画を撮ろうか。

そう考えたわけです。

・・・

もっとも動画は、以前にも撮ったことがあります。
5分ていど。

でも、その長さだと、文章を声に出して読んでいるだけ。
それで終わり。

背景などお伝えする余裕はない。
そこで、もっと長くしようと。

***

まずは15分に挑戦。

それで4本、撮りました。
Q&A1か月分です。


でも、ちょっと長すぎる気がして。
次は10分。

それでまた4本、撮りました。
今度はいい感じです。

・・・

あと、音声。

以前はiPadの内臓マイクで録音していたのですが。
それだと音量が小さい。

いつの間にか声を張ったり。
あるいは本体に近づいたり。

するとね、写った顔がデカイ。
画面の半分くらいになってしまう(苦笑)

・・・

そこで、マイクを使うことにしました。

無線よりも有線がよさそう。
音がきれいに入ります。

ヘッドホン・タイプのと、ピンマイクのと。
2つ購入して、試しています。

・・・

などなど、試行錯誤を重ねているところ。
いずれ満足のいく出来になったら、皆さんにもご紹介していきますね。

***
>> 塾長の動画はこちら
***


<塾長の話> その4

いつまで偏差値?:


「このままだと、行ける県立高校がないです」
三者面談で、そう言われました。

これ、中学生のお母さんから時々聞くセリフ。


「へえー。中学校の先生は、こういうことズバリ言うんだ」

初めて聞かされた時は、驚きました。
が、その後も何人かのお母さんから、同じことを言われて。

今では「そういうものなんだ、三者面談は」と。
ちょっと納得しているのですが。

・・・

でもね、このセリフ。
いかがですか?

ちょっと検証してみましょう。

・・・

まず、どこからそう判断したのか?

おそらくは学力テストでしょう。
中学校が行う模擬テストですね。

その偏差値から、そう判断した。

じゃあ、偏差値はどこまで正確なのか?
あるいは、信頼できるのか?

***

Aくんの事例:

B工業・志望。

でも、偏差値が足りない。
2ランクくらい下。


学校の学力テストでも、塾の模擬テストでも、同じような判定。

担任の先生は「志望校を変えては?」と勧める。
私も同意見。

でも、Aくんは粘る。

・・・

B工業、学科によって倍率に高低がある。

高い所は1.2とか1.3倍。
低い所は0.7とか0.8倍。

Aくん、「B工業なら、どこでもいいです」と。
迷わず、低い所を選択。

見事に合格!

・・・

ガーン!

「今は偏差値より倍率なんだ」
衝撃とともに、私は悟りました。

***

児童数は減っています。
当地いわき市は、この10年で20%くらい少なくなって。

そんな状況では、偏差値は二の次。
一番は倍率なのです。


だからね、行ける高校はいくらでも見つかるよ。
学校や学科にこだわらなきゃ。

今や偏差値は、過去のものになりつつあるのです。

***
>> 塾長の動画はこちら
***


 

Copyright (C) 2004-23 Kanari-Shingakujyuku. All Rights Reserved.