福島県いわき市かなり進学塾
お母さんQ&A


★バックナンバー★ ご覧になりたい月を選んでください

2022年

9月      
5月 6月 7月 8月
1月 2月 3月 4月

2021年

9月 10月 11月 12月


 
【2022年5月】

中3男子・母> 理科の攻略法

<質問>

息子は今年、受験生。
A高を目指しています。


現在、成績はボーダーライン上。

このまま維持していけば、なんとか受かりそう。
でも、ちょっと下がると危ない。

そんなレベルです。

・・・

実はネックになっている科目があって。
それは理科。

他の4科目だけなら、十分に合格ラインにあります。
でも、理科が加わると、とたんに合格率が下がります。

・・・

1年生の初めの頃は、それなりに出来ていました。

でも、しだいに下がってきて。
2年生の2学期からは急降下。

なにか攻略法はありますか?

***

<回答>

なるほど、それはちょっと心配ですね。

でもね、4科目だけなら合格ライン。
これはすごいですよ。

しかもA高でしょ。
いわき地区、一番の進学校。

よくやってると思います。
まず、それを認めてあげてくださいね。

それだけで、ご本人のヤル気が違ってきますから。

・・・

次に、攻略法。

数学や英語は、重たいです。
ちょっと勉強しても、なかなか伸びない。

でも、理科はそうじゃない。
攻略しやすい科目。


分野が4つありますよね。
物理、化学、生物、地学。

で、後の2つは暗記系。
これは、出来ているはず。

社会と同じやり方でいけるから。


問題は、前の2つ。

これは1年の最初に戻ってやり直す。
それが早道。


行き詰ったら、気軽に質問できる相手がいますか。
塾の先生とか。

それがいるなら、先の見通しは明るいですよ。


中3女子・母> 理科は良いが

<質問>

娘はB高志望。

家からも近く、歩いていけるくらい。
受かってくれると、親としても嬉しいです。

・・・

学力テストですが、理科がいつも良くて。
40点くらい取ってます。

でも、他の科目が。
どれも20点そこそこ。

合計すると、B高の合格ラインには、あと一歩というところです。

・・・

いよいよ3年生。
これからどういう勉強をすれば、B高に行けますか?

***

<回答>

勉強の悩みというのは、本当に人それぞれですね。

先ほどの方は「理科だけ弱いので、何とかしたい」
今度の方は「理科だけ強いので、他の科目をどうしたらよいか」

真逆の相談ですから。

・・・

この方へのアドバイスは、一点突破。
これです。

得意の理科を徹底的に伸ばす。
それによって他の科目も引っ張り上げてもらう。

そんな作戦。

・・・

まず、得意の理科は、これまで通りたくさん勉強してください。

学校の先生は「理科はいいから、他をやりなさい」とか言うでしょう。
でも、無視してね(笑)

・・・

次に、他の4科目。

まずやるべきは、数学と英語。
それも2年生の復習からスタートする。


やり方は、基本をくり返す。
ズバリこれです。

何度もやって、まず基本をたたき込む。
これが成績アップへの近道。

・・・

以上の作戦でやってみてね。


高1男子> 数学が早い

<質問>

この春、希望する進学校に合格できました。
すごく嬉しいです。

部活も入りました。
中学の時と同じ運動部です。

練習はきついです。
家に帰るとへとへとで、勉強する気も起きないくらい。

・・・

問題は数学。
スピードがめちゃめちゃ速くて。

姉から聞いていたので、自分なりに参考書を買って予習していました。
30問くらいやりました。

でも、授業が始まって2週間もすると、あっという間に追い抜かれて。

これまでは予習の貯金があったので乗り切れました。
でも、この先は・・

***

<回答>

合格おめでとうございます。
本当に良かったですね。

あと、数学の予習をしていたことも素晴らしい。
それで気持ちも、ずいぶん楽になったでしょう。

・・・

さて、この先。

すぐに追い抜かれたとありますが、確かにそうですよね。
高校の数学は、予想をはるかにこえたスピードで進みますから。

じゃ、対策は?
ズバリ「A問題にしぼる」です。

・・・

数学の教材でも、教科書はそれほどでもないでしょ。
ガイドもありますし。

大変なのは副教材。
問題量がはてしなく多い。


でもね、それをすべてキチンとやらなくても大学に受かります。

そのコツは、A問題にしぼる。
それで基本を固める。

応用レベルのB問題は、3年生になってからやる。
それでOK。

焦らなくていいからね。


高1女子> 英語が悪かった

<質問>


中学の時から英語が苦手で。
学力テストでも、いつも足を引っ張られました。

数学は得意。
入試の成績でも、5科目の中で一番良かったです。

・・・

先日、春休みに出された課題の確認テストがありました。

数学・国語は平均点より上。
とくに数学は94点。
相当に上。

でも、英語は平均以下でした。

・・・

中学の時は、いくら悪くても平均より下というのはなかったです。

というか、悪くても4。
時には5を取っていました。

進学校なので仕方ないかな、とは思いますが。
ちょっとショックでした。

***

<回答>

なるほど、そうでしたか。

でも、これからはそういう世界で生きていかなきゃいけない。
進学校という世界で。

そこで、どのように自分の特色を出していくか。
自分の売りは何なのか。

それを考えましょう。

・・・

するとね、戦略が浮かんできます。

それは、「得意を伸ばす」ということ。
決して「苦手を克服する」ということでは、ありません。

ここがね、中学校と違うところ。
考え方を180度、変えなきゃいけません。

・・・

得意の数学を伸ばしましょう。

進学校でも上位にいく。
できればひと桁の順位に。

そうすれば大学合格への道が開けますよ。
とびっきり良い大学への。


でも逆に、英語を何とかしようと。
そちらに時間をかけても、未来は開けません。

英語には目をつぶる。
数学・一本勝負で、高校3年間を駆け抜けてください。


 

Copyright (C) 2004-22 Kanari-Shingakujyuku. All Rights Reserved.