福島県いわき市かなり進学塾
お母さんQ&A


★バックナンバー★ ご覧になりたい月を選んでください

2022年

9月      
5月 6月 7月 8月
1月 2月 3月 4月

2021年

9月 10月 11月 12月


 
【2022年8月】

高2女子・母> たくさんの模試

<質問>

模試のことで質問です。

娘の高校は、とにかく模試をたくさんやります。
土曜は、そのために学校へ投稿することもしょっちゅう。


娘は体力がないほうなので、模試があった時はグッタリ。
日曜も昼過ぎまで寝ています。

さらに、土曜に模試がある時は、その週に模試の過去問が課題として出されます。
それを解いて提出しなければいけません。

・・・

塾長。
こんなにたくさん模試をやらなければ、大学には受からないのですか?

***

<回答>

なるほど、確かにそうですよね。

模試をたくさんやれば実力もつき、大学に受かりやすくなる・・
ということは、残念ながらありません。

それよりはむしろ、これと決めた一冊の参考書を何度もくり返す。
そのほうがはるかに実力もつき、大学も受かりやすくなるでしょう。

・・・

なので、対策は2つ。

1 模試はできるだけ受けない

学校によっては、強制的に受けさせられるものもあるでしょう。
それのみに、しぼる。


2 模試の予習・復習はしない

たとえば、模試の過去問は無視する。
それよりは共通テストやセンター試験の過去問をやるほうが、ずっと効果的です。

・・・

お母さんの怒りはもっともです。
娘さんも、疲れた時はゆっくり寝せてあげてくださいね。


高3男子・母> 推薦入試の準備

<質問>

息子はある私立大を目指しています。
上位校です。

そこは推薦入試の枠もたくさんあって。
息子もそれを狙っています。

ただ有名校だけあって、競争はなかなか厳しいようです。

・・・

先日オープンキャンパスに参加。
そして推薦入試の説明会もありました。

この入試制度で合格した大学生が、何人か話してくれたのですが・・


驚くことに、多くの方が推薦入試の予備校に通っていました。
そして、半年・1年と時間をかけて準備してきたといいます。

・・・

息子は今、とくに何の準備もしていません。

これでは武器を持たずに戦いに参加するようなもの。
不安になってきました。

***

<回答>

なるほど、なるほど。

ライバルたちは着々と準備をしているわけですね。
近代兵器で武装して。

それに対して息子さんは、何の武器も持たない。
せいぜい竹やりくらい、かな(笑)


これでまともに戦えるのか。
そういう心配が、お母さんにあるわけですね。

・・・

その心配、ごもっともです。

いわきの高校をみると、模試はしょっちゅうやります。
多すぎるくらい。

でも推薦入試の準備となると、まことに心もとない。

・・・

なので、ご自分でどんどん準備をすすめるしかない。

ハンデはとてもあるでしょう。
でも、以下の本を参考にがんばってみてくださいね。


●総合・推薦入試 竹内麦村 (Gakken)
●AO入試の赤本 小杉樹彦 (YELL)


中3男子・母> いつになったら?

<質問>

中3の受験生を持つ母親です。
のんびりした子というのか、ついこの間まで部活・部活の日々でした。

県大会は2回戦で敗退。
それで彼の部活は終わりました。

・・・

気持ちの切り替えができてないようなので、ある塾の夏期講習に無理やり押し込みました。


4つ上の姉は、なんでも自分でやっていました。

高校受験も大学受験も。
親が口出しする余地もなかったです。

それに比べて息子は・・

***

<回答>

そうなんですね。
お姉さんと比べて、やきもきしてしまう。

でもね、男の子には多いのです。

のんびりしている。
グズグズしている。

そんなお子さんが。

・・・

ところが、ある時突然変わります。
劇的に。

夏休み前後が多いかな。


するとね、これまでボーっとしていた子が、見違えるようになる。
見事に受験生へと変身していくのです。

まるでサナギが蝶になるかのように。

・・・

もうすぐタイミングが来ますよ。
きっと来ますから。

彼のタイミングを待ってあげてください。
そして変身ぶりもお楽しみに。


中3男子・母> コロナになった

<質問>

息子は野球部。

ずっと部活、部活の日々で。
先日やっと引退しました。


これで受験勉強に専念できるかな。
そう思い、ある塾の夏期講習に申し込みました。

が、2・3日通ったら、新型コロナに感染してしまい。
当分、出席できなくなりました。

・・・

成績は中くらい。
工業系の高校が志望です。

今のままではギリギリ。
できれば、もうちょっと成績アップしたいのですが。

本人も私も焦ってます。

***

<回答>

たしかに、焦りますよね。

「さあ、やるぞ」と意気込んだ矢先ですから。
出鼻をくじかれてしまいましたね。

でも、この夏は同じような境遇の方は多いです。
これだけ大流行すれば、仕方ないですよね。

・・・

こんな時、まずやるべきは、しっかり治すこと。
病気の回復が第一です。

次に、自分をもう一度見つめ直す。
これが意外に大事。


・志望校は今のままでよいのか?
本当に行きたい高校なのか、ですね。

・勉強方法は自分にあっているか?
急いで申し込んだ夏期講習ですが、勉強はピンときてますか。

・2学期からの勉強をどうするか?
同じ塾に通い続けるのか、それとも別の所をさがすのか。

・・・

せっかくの時間。
心落ち着けて、自分と向き合ってみてください。

大丈夫。
なんとかなりますから。


 

Copyright (C) 2004-22 Kanari-Shingakujyuku. All Rights Reserved.