福島県いわき市かなり進学塾
お母さんQ&A


★バックナンバー★ ご覧になりたい月を選んでください

2022年

9月 10月 11月  
5月 6月 7月 8月
1月 2月 3月 4月

2021年

9月 10月 11月 12月


 
【2022年10月】

高3女子> 科目が多すぎる

<質問>

ある公立大の看護学部を志望しています。
でも、私が目指している大学は受験科目が多く、それで困っています。


とりわけ理科。
専門科目が2つ必要です。

なのに、授業はまだまだ。
年内ギリギリにならないと、範囲が終わらないんじゃないかな。


そして2次。

共通テストとはまったく別で、総合問題と面接です。
しかも配点が高い。

・・・

いったいどういう勉強をすれば間に合うのか、見当もつきません。
あれもこれもと手を出しては、こなし切れずに終わっています。

私、焦ってます。

***

<回答>

そっかー、授業がまだまだなのか。
そりゃ、焦るよね。

でも、そういう例は時々あります。
じゃ、どうするか?

自分でやる。
これです。


どんどん先に予習を進める。
そしてテスト範囲を終えてしまう。
自分の分かるレベルでよいから。

これをやっておくと、気持ちが落ち着きますよ。

・・・

次に、理科。
専門が2つは、大変ですよね。

でもね、そういう時は、案外レベルは低い。
共通テストの合格点も、そう高くないはず。

ですから、浅くこなせば良いです。

・・・

最後に、2次。

総合問題は過去問をやる。
3年分くらい。

それから面接。
意外とこれがポイントになるんじゃないかな。

「私はなぜ看護を目指すのか」

そこをよく考えておく。
文章にまとめるのも、ありですよ。


中2男子・母> やる気が見えない

<質問>

中2の長男のことで質問させてください。

中学に入ったら勉強するというので、1年生の春から、ある塾に通わせています。部活もやって大変だと思っていたのですが、文句も言わず通い続けています。

ただ、2年生になって、どこか気が緩んできて。

家ではスマホ三昧。
夜遅くまでゲームをやっています。

成績もいまひとつ。
2年生になると下がってきました。


下には弟が2人います。
この調子でだらだらしているなら、塾はやめさせようかと思っています。

本人は、好きで通っている塾なのですが・・

***

<回答>


お母さん、だいぶ怒ってますね。

でも、そうですよね。
男の子3人、育てるのは大変だと思います。

それだけに長男の彼には、もっとしっかりしてほしい。
そう思ってるのでしょうね。

・・・

スマホですが、時間を決めて使う。
部屋には持ち込まない。

そんなルールが必要でしょう。
彼と話し合って、決めてみては。

・・・

次に塾ですが、やめるのもあり。
続けるのもあり。

どちらにするかは、お母さんが決めてよいです。


でねっ、以前のQ&Aでも書いたのですが、男の子は変わります。
3年生になって、部活が終わったあたりで。

その時に、再び彼が塾に行きたいと言ったら、認めてあげてもよいでしょう。
今度はしっかり勉強してくれると思いますよ。


中3男子・母> ポジティブですね

<質問>

塾長、こんにちは。
Q&A、いつも楽しく読ませていただいてます。


塾長の回答を読んで感じるのですが、いつも前向きですね。

「いやいや、この子はマズイでしょ」と私が感じる時でも、
塾長は「それなら、こう考えてみるとよいですよ。具体的には、こうしてみてください」。

そんな答え方をしますよね。

・・・

あれは、無理やりポジティブな回答をしているのですか。
それとも、自然体ですか。

息子を見て、しょっちゅうイライラしている私は、塾長のような見方をしたいと思っています。

***

<回答>

ご質問ありがとうございます。

「いつも前向きですね」とあるのですが。
「へえー、そうなんだ」と思いました。

意識してやっているわけではない。
自然に、ですね。

・・・

じゃあ、以前からずっとそうだったかというと。
実は、そんなことはない。

塾を開いた当初は、「この子はこんなんで、だいじょうぶだろうか」。
そんな心配ばかりしてました(笑)

・・・

でもね、20年も塾をやっていると。
けっこう皆さん、何とかなっていきます。

心配や不安は、なんのことはない「杞憂」だった。
そう思える場面に、何度も出くわしました。

ですから、私がポジティブに見えるとしたら、それは間違いなく20年のキャリアのなせる業。

長くやってこれたことに、心から感謝です。


高1女子・母> 課題が多すぎると言ったら・・

<質問>

娘はこの春、B高に合格しました。

彼女がずっと憧れていた学校です。
私の出身校でもあります。

娘も私も、とても嬉しかったです。


が・・

入学して半年。
問題は「課題の量」です。

とにかく多すぎます。

娘は真面目なタイプ。
コツコツこなしてますが、それでも終わりません。

・・・

先日、知り合いの方がそのことで、B高の先生にかけあいました。
「A高よりも多いじゃないですか」って。

そしたら返答が、
「お母さん、A高の子は放っておいても勉強します。でも、うちの生徒は、課題を出さないとやらないのです」。

塾長、こんな回答ってありますか。

***

<回答>

ちょっと怒ってますか?

ですよね。
期待して入学したB高だけに、落差が大きいのでしょうね。

確かにそうですよね。
そのお気持ち、分かります。

・・・

ただね、同じような思いは、A高に入学した方も持たれています。
「えっ。期待して入学したのに、こんななの」みたいな。

おそらくA高もB高も、生徒さんやお母さんの期待が大き過ぎるのでしょう。

・・・

お父さんやお母さんが現役の高校生だった当時、A高やB高は確かにすごかったです。
進学実績も全国レベル。

でも、残念ながら今は違います。
ですから、もうちょっと肩の力を抜いてB高と付き合ってあげてください。


それから課題も、手を抜いてよいですよ。

「これは大事」と思うものにしぼる。
それでも大学には受かりますから。


 

Copyright (C) 2004-22 Kanari-Shingakujyuku. All Rights Reserved.